千葉大学薬学部・大学院医学薬学府(薬学領域) プロジェクト

リーディング詳細内容

免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

 「博士課程教育リーディングプログラム」免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム ・・・

LGSロゴ

各種プログラム詳細内容

実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム

 文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム ・・・

薬剤師養成

各種プログラム詳細内容

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

 文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」採択事業「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」 ・・・

がんプロ

リーディング

免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

 「博士課程教育リーディングプログラム」
      免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

プログラム紹介

 外界から身を守るための免疫システムが正常に機能しなくなると、ヒトは感染症のみならずアレルギーや自己免疫疾患を発症します。癌の発症頻度の増加や高齢者に多い動脈硬化による心血管疾患などの慢性炎症にも免疫システムが関与することが知られています。これらの社会的に重大な疾患は「免疫システムの調節異常」という共通の観点で捉えることができ、近年の免疫学の基礎研究は目覚ましい成果をあげているにもかかわらず、研究の成果が有効な治療法の開発に結び付くケースは著しく少ないのが現状です。その原因として、疾病の治療法を体系的に研究し実践する「治療学」という学問分野の研究が、基礎医学と臨床医学の枠を超えて体系的に行われていないことや、「治療学」を推し進める人材を組織的に育成する土壌がないことが挙げられます。

 千葉大学は、100 年以上にわたる臨床医学の確固たる実績を有するとともに、最近の大学院教育改革プログラムなどを利用し、癌や免疫に関連する疾患の領域で最先端の治療研究に携わる若手研究者を育ててきました。そこで、これまでの千葉大学の実績と強みを生かし、難治性の免疫関連疾患(アレルギー、自己免疫疾患、癌、心血管疾患など)に特化した「治療学」の推進リーダーを養成するプログラムを、医学と薬学が融合した大学院医学薬学府博士課程に組織し、領域横断教育と産学官連携によりグローバル社会で活躍する実践的なリーダーを育成します。特に、免疫関連疾患の病因や治療法、新規の治療技術等を深く理解しトランスレーショナルリサーチや臨床研究を統括指導する能力とともに、リーダーとして必要な人間力(多角的視点、俯瞰力、総合的判断能力、統率力など)を育み、将来、国内外の大学や研究所のみならず製薬企業等で新しい治療薬や治療法の開発を推進するリーダー、大学病院などの基幹病院で先端医療の開発・実践を統率する責任者や医療行政機関の指導者として活躍できる人材の養成を目指します。

問い合わせ先

千葉大学 医学部 リーディング大学院事務室
TEL:043-226-2817

LGSロゴ


LGS詳細

▲ページトップヘ

各種プログラム

実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム

 文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」
    実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム


 千葉県三大学が連携し、社会の高度化した要請にこたえることのできる薬剤師の養成を行う取り組みです。三大学が協働して、現在薬剤師の関与が強く望まれている職務に関する「実践社会薬学教育プログラム」を作成し、ステークホルダーと連携の下、社会の要請に対して主体的に学び社会へ還元できる薬剤師教育を行います。

連携大学

 ●千葉大学 薬学部     核医学チーム医療
 ●千葉科学大学 薬学部   災害医療
 ●城西国際大学 薬学部   在宅医療

プロジェクト概要

 本プログラムは、千葉県下三大学が連携し、社会の高度化した要請に応えることのできる薬剤師の養成を行う取組みです。
 現在薬剤師の関与が強く望まれている職務である
  A)放射性医薬品調製・管理業務
  B)病棟活動における専門職連携
  C)救急災害時医療活動
  D)在宅医療での薬剤管理指導
  E)法薬物、医薬品適正使用、ドーピングの知識普及・啓発活動
について、アクティブ・ラーニングを取り入れた実践社会薬学教育プログラムを三大学が協働して作成します。
 更に本プログラムを三大学が特徴的に有する教育プログラムと融合し、千葉県薬剤師会、千葉県病院薬剤師会、医薬品適正使用推進機構等との連携の下、社会の要請に対して主体的に学び社会へ還元できる薬剤師教育を行います。

問い合わせ先

千葉大学 薬学部
TEL:043-226-2852

薬剤師養成


アウトライン

▲ページトップヘ

各種プログラム

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

 文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」採択事業
    「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」


 文部科学省事業の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」とは、国公私立大学から申請されたプログラムの中から、高度ながん医療、がん研究等を実践できる優れたがん専門医療人を養成することを目的としたプロジェクトです。

 筑波大学、千葉大学、群馬大学、埼玉医科大学、日本医科大学、獨協医科大学、茨城県立医療大学、群馬県立県民健康科学大学は取組名称を「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」とし、本プロジェクトに共同申請し、採択されました。
 平成24年度より8大学が連携し、国際的な視野を持った多職種のがん専門医療人養成を目的に活動いたします。

がんプロ

▲ページトップヘ

  • 大学・大学院展

キャンパス所在地

亥鼻キャンパス(薬学系)
〒260-8675
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

問い合わせ先

薬学部学務係
TEL:043-226-2862