名古屋大学大学院創薬科学研究科 プロジェクト

最先端の研究詳細内容

「創薬」って何?

 「創薬という学問」…からだが何らかの理由によって正常に働けなくなった状態が疾病とよばれ、その原因はインフルエンザのように ・・・

創薬ロゴ

各種プログラム詳細内容

細胞生理学研究センター

 基礎生物学、創薬科学、医学のintellectual spiral ・・・

CeSPIロゴ

最先端の研究

「創薬」って何?

創薬という学問

 からだが何らかの理由によって正常に働けなくなった状態が疾病とよばれ、その原因はインフルエンザのように自分ではない異物であったり、ガンや糖尿病のように自分自身の機能異常であったりします。「くすり」は、この機能異常を正常に戻そうとするからだ本来の力を「手助けする化学物質*」です。「創薬研究」とは、このくすりを創り・より深く理解するための研究のことで、「命を陰から支え、生活を豊かにする」ことを目標にした希望にあふれた研究です。
 この研究の基盤となる創薬科学は、ヒト(生物)と化学物質(化学)をつなぐ(物理・情報)学問を横断した極めて複雑で高度な学問です。そのため今では、有機化学や生化学,生物物理化学、分子生物学、遺伝子工学、細胞生物学、計算科学・情報工学、さらには材料科学にいたる実に幅広い知識の融合が必要不可欠になってきました。もちろん世界中の研究者達と切磋琢磨して進歩する創薬では、英語は欠かせません。
 とはいえ、この知識の融合を1人で完璧にやろうとしても非効率です。それぞれの高度な専門知識をもった研究者が知識を出し合って、ひとつの目標に向かうことができればそれを解決するための知識の幅と奥行きは無限に広がると私たちは考えます。
 言い換えると、自分が得意とする科目(専門)で勝負し、同時に、別の科目が得意な専門家と対等に議論出来るだけの最低限の知識が必要、という事になります。好きなものは苦にならずにのめり込めるし、本当にやりたいことがあれば嫌いなものも、まあ出来ますよね。  「どうしてあんな病気になるのだろう」「どうしてあの病気は治らないのだろう」「くすりの開発に携わりたい」と前向きに物事を捉え、熱意あふれるみなさん、化学・生物・物理・数学・国語に英語、そして技術に情報処理、好き嫌いせずに貪欲に勉強しましょう。役に立たないものはありません!
*インスリンのように生体成分を薬とする場合もあります。

名大創薬

 名古屋大学大学院創薬科学研究科(名大創薬)は、「薬を創るための基礎研究」を通じて、研究者や技術者*を育成するための大学院です。現在の名大創薬には、大きく分類すると、なぜ病気になるのか・どうしたら健康になれるかを究明する研究室、そこから見つかった薬の標的となる生体分子の構造と機能を分子レベルで解き明かす研究室、そして、その標的にうまく作用する化合物を設計したり化学合成したりする研究室があります。名大創薬はこうした研究体制で密に連携しながら、薬となるシーズを見つけ出すまでの基礎研究で世界を牽引していきます。
*くすりを正しく使用するための専門家である薬剤師の教育は行いません。




創薬ロゴ





創薬って何

▲ページトップヘ

各種プログラム

細胞生理学研究センター

 基礎生物学、創薬科学、医学のintellectual spiral

 細胞生理学研究センターでは、基礎科学研究を推進力として、先端医療や創薬科学と連携することによって細胞構造生理学という新しい研究分野の研究を行っています。幅広い研究分野や組織との密な連携を進め、学内外の研究者と技術を細胞生理学研究センターに結集することで、国際的で独創性の高い教育研究組織の形成を目指します。

研究内容

 研究内容の一部をご紹介しています。

●7回膜貫通型タンパク質
●水チャネル
●膜電位感受性ナトリウムチャネル
●ギャップ結合チャネル
●胃プロトンポンプ
●タイトジャンクション
●インフルエンザウィルス
●シナプスの分子機構
●多能性幹細胞
●極低温電子顕微鏡
●電子線結晶学

問い合わせ先

 住所:〒464-8601 名古屋市千種区不老町
       名古屋大学 工学部6号館および創薬科学研究館2F
 TEL:052-747-6794
 FAX:052-747-6795
 E-mail:info[at]cespi.nagoya-u.ac.jp([at]を@に置き換えてください)


CeSPIロゴ


研究1
研究2
研究3

▲ページトップヘ

  • 大学・大学院展

キャンパス所在地

東山地区
〒464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町

問い合わせ先

創薬科学研究科事務室入試担当
TEL:052-747-6780・6775