高知県立大学 プロジェクト

各種プログラム詳細内容

がん高度実践看護師養成コース

 がん看護の明日を創る力、その先へ ・・・

がん高度実践看護師養成コース

リーディング詳細内容

災害看護グローバルリーダー養成プログラム

 高知県立大学は、兵庫県立大学、千葉大学、東京医科歯科大学、日本赤十字看護大学と共に ・・・

DNGL

各種プログラム

がん高度実践看護師養成コース

 がん看護の明日を創る力、その先へ。

「がん高度実践看護師養成コース」全人的医療を行う高度がん専門医療人養成

がん患者に寄り添い支える人材の育成を目指して

 がんは、わが国の死因第一位の疾患であり、国民の生命及び健康にとって重大な問題となっています。
 その中で制定された「がん対策基本法」の中で、手術・放射線療法・化学療法その他のがん医療に携わる専門的な知識・技能を有する医師その他の医療従事者の育成が求められています。

がんプロとは

●「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プランとは
 がんは、わが国の死因第一位の疾患であり、国民の生命及び健康にとって重大な問題となっている現状から、「がん対策基本法」が制定されました。この基本法の中で、手術・放射線療法・化学療法その他のがん医療に携わる専門的な知識・技能を有する医師その他の医療従事者の育成が求められていることから、文部科学省では複数の大学がそれぞれの、個性や特色・得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための教育拠点を構築することを目的として、「多様な新ニーズに対応する『がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)』養成プラン」を平成29年度から実施しており、全国で11拠点が選定されています。

(全国がんプロ協議会HPより)


●中四がんプロとは
 中国・四国地域の岡山大学、香川大学、徳島大学、徳島文理大学、高知県立大学、高知大学、愛媛大学、松山大学、山口大学、広島大学、川崎医科大学の11の大学院がコンソーシアムを形成し、各大学院に多職種のがん専門医療人養成のためのコースワークを整備し、これに地域の37のがん診療連携拠点病院が連携することにより、広い地域にムラなくがん専門医療人を送り出すことを目的としています。

(中・四国がんプロHPより)



●全人的医療を行う高度がん専門医療人養成
 中四がんプロでは、平成29年度から、「全人的医療を行う高度がん専門医療人養成」事業に取り組んでいます。この事業では、がん医療を取り巻く状勢変化に伴い生まれる多様な新ニーズにも対応できるがん専門医療人の人材育成を目的としています。がん患者数の増加、治療の進歩に伴い高齢者医療、ゲノム医療、希少がん、小児/AYA世代がんへの対応は新たな重要課題となっており、中国・四国地方においても高レベルでそれらを理解し、適切な医療を提供できる医療人の養成が必要とされています。さらに、がん患者の求める全人的医療を実践するためには、各々が高度な技術と知識を持った上で、チームとして連携し、がん診療を提供する多職種連携教育が重要となります。この事業では、中国・四国の11大学が参画するコンソーシアムを組織し、上記課題に対応できる卓越したがん専門医療人の人材育成にあたります。

(中・四国がんプロHPより)

コース紹介

 高知県立大学では、がん高度実践看護師を目指している方、現場でご活躍されているがん看護に関心のある方に対して、「がん高度実践看護師養成コース」と「インテンシブコース」を設け、豊かな学びを支える取り組みを行っています。

●がん高度実践看護師養成コース
 大学院と地域のがん診療連携拠点病院が連携し、中国・四国全地域に高度実践看護師を送り出せるように取り組んでいます。

●インテンシブコース
 がん医療の現場において、質の高いがん看護の実践を推進できる中心的存在となっていただけるようにサポートしています。




がん高度実践看護師養成コース

















中四がんプロ





全人的医療を行う高度がん専門医療人養成

▲ページトップヘ

リーディング

災害看護グローバルリーダー養成プログラム

 高知県立大学は、兵庫県立大学、千葉大学、東京医科歯科大学、日本赤十字看護大学と共に我が国初の国公私立大学院共同教育課程を開設しました。(平成26年4月開講)

高知県立大学の取り組み

 日本で最初の4年制大学として看護教育を牽引し、リーダーを輩出していきます。学長(南裕子(当時))は日本での災害看護学やその学会の創始者であり、大学も日本災害看護学会をリードし、地域の関連機関と共同して高知モデルを提案し普及に努めてまいりました。隣接する高知医療センターとの連携に基づく教育を展開しています。

教育構想 共同大学院教育課程

●災害看護の高度な実践力の育成
 5年間通して実践的な演習を行い、特に1~2年次を中心に実施します。
 例えば、長期避難を余儀なくされている人々の健康調査と健康支援の企画・実施、結果の集計・分析、災害拠点病院や自治体との共同研究などに参画します。また、多機関協働(行政、病院、学校、企業、住民組織)による地域防災プログラムなどを通して、多職種連携やチームリーダーとしての能力も習得します。
 臨地実習指導者、メンター、プリセプターなどの協力体制を整えて指導にあたります。

●教育能力の育成
 1~3年次を中心として、単なるTA(ティーチングアシスタント)としてではなく、学生のそれまでの経験等に基づき、 個々の学生が継続して教育能力を修得するための企画・実践できるよう指導します。

●教育・研究開発協議会・研究インターン制度により研究能力の育成
 異業種・異分野(学問)交流:グローバルリーダーの資質を養うために、「センター」が主体となって、学生の積極的な国内外の異業種交流や異分野交流の機会を数多く設定し、学際的視点を育みます。

●インターンシップの実践性を備えた企画力や開発力の育成
 3~5年次を中心として、企業や行政との共同研究体制及び研究インターンシップ制度、RA(リサーチアシスタント)制度を取り入れながら、実践的研究能力を養います。
 産官学・研究所等からの特任教員、非常勤講師による指導やメンター等の環境整備を行います。
 これまで看護職の教育内容としては全くなかった、社会へのアピール方法とアピールの実践、マスコミ対応術や 記者会見等のスキルを学びます。また、「災害看護グローバルコーディネーション論」「災害看護リーダーシップ論」では、アサーティブトレーニングなどの講座、研修、実地訓練の機会を設けます。




DNGL








中四がんプロ

▲ページトップヘ

  • 大学・大学院展

キャンパス所在地

池キャンパス
〒781-8515
高知県高知市池2751-1

永国寺キャンパス
〒780-8515
高知県高知市永国寺町2-22

問い合わせ先

学生支援部入試課
TEL:088-847-8789