京都橘大学 トピックス

学生・卒業生詳細内容

京都で暮らす。京都橘で学ぶ。

 平安京の誕生以後、永らく歴史の中心地として栄えてきた古都・京都。ここには伝統に囲まれながら過去・未来を学べる環境 ・・・

京都で暮らす

講座・地域連携詳細内容

地域と連携した看護教育

 京都橘大学の看護学部では「人によりそう看護」を大切にしています。基本となる知識と技術をまず教室で修得し ・・・

京都マラソン

学生・卒業生

京都で暮らす。京都橘で学ぶ。

京都で学ぶ魅力

 平安京の誕生以後、永らく歴史の中心地として栄えてきた古都・京都。ここには伝統に囲まれながら過去・未来を学べる環境があります。また、京都は30以上の大学を有する「大学のまち」「学生のまち」であり、学生生活にやさしい環境が整っています。


[2018年度取材]
 ●その1 1つのキャンパスに全ての学部が集う総合大学で
       幅広い領域の心理学を学ぶ。

                         健康科学部心理学科 2回生
 ●その2 日本史を学ぶなら京都の地で、
       女性史を学ぶなら日本女性史研究の先駆的な京都橘大学で。

                         文学部歴史学科 3回生
 ●その3 歴史の中心地だった京都、路地裏の風景にも心惹かれる。
                         文学部歴史学科 2回生
 ●その4 古い文化と豊かな四季の風物、
       伝統が受け継がれている京都で歴史遺産を学ぶ。

                         文学部歴史遺産学科 3回生

「京都」を感じる京都橘大学の授業

 京都橘大学には、歴史が息づく「京都」という地理を活かした授業がたくさんあります。歴史遺産を身近に感じ、また観光都市として世界中から人々が訪れる環境で、実践的な学びを提供しています。


[2018年度取材]
 ●その1 通説を覆す興味深い授業に知的好奇心が高められる。
                         文学部歴史学科 2回生
 ●その2 歴史や小説の舞台である京都でフィールドワークができる。
                         文学部歴史学科 3回生
 ●その3 心理学の学びや大学で得られるたくさんの経験が、私を成長させてくれる。
                         健康科学部心理学科 2回生
 ●その4 京都で歴史を学ぶことで世界に視野を広げ、将来の展望を得る。
                         文学部歴史学科 2回生

京都で暮らす

京都で学ぶ魅力

京都で学ぶ魅力

京都で学ぶ魅力

▲ページトップヘ

講座・地域連携

地域と連携した看護教育

 京都橘大学の看護学部では「人によりそう看護」を大切にしています。基本となる知識と技術をまず教室で修得し、さらに実際に人々とふれあうことでそれらを磨いていきます。
 1回生のときから臨地実習やボランティアなどで地域の方々と関わる機会を数多く設けています。

 ※看護学部生の活動・様子は、看護学部看護学科のフェイスブックをご覧ください。

医療救護サポーター

 2012年度より携わっている「京都マラソン」では、本学救急救命学科看護学科理学療法学科の学生、教員が医療救護サポーターとして大会をサポートしています。「京都マラソン2017」では、学生と教員は待機救護サポーター、フィニッシュ救護サポーターとしてAEDを持ってコース沿道やフィニッシュ地点に立ち、ランナーの体調に目を配りながら、傷病者への対応を行いました。また、教員は救護本部での統括や、自転車を使って救護活動を行う移動救護サポーターとして活動しました。学生たちは、命を預かる緊張感の高い現場で活動を行い、将来、医療職に携わるのに非常によい経験となりました。

地域の方々の健康を守る

 授業の一環として、近所にある老人クラブの方々の体力測定をおこなったり、大学祭では、訪れた方々の健康チェックをおこなったり、学んだ技術を用いて段階的に経験を積んでいきます。

地域の医療機関との連携強化

 京都第二赤十字病院からは「たちばな看護」を高く評価していただいており、2013年4月から主要実習病院として連携を強化。実習先としてはもちろん、看護に関する共同研究をおこなうなど、レベルの高い教育環境を実現していきます。

災害現場で活躍する看護(災害看護学)

 刻々と状況の変わる救命救急活動の中において、適切な看護を提供できるか。災害時の援助技術はもちろん、災害発生後の経過にあわせた看護活動について理解を深めます。また実際に防災訓練の準備・実施に参加し、準備期における看護の役割を体験することもできます。

卒業生支援「たちばなSIM」

 京都橘大学では、2012年度から看護キャリア開発事業を開始し、卒業生を対象とした「たちばなSIM」-シミュレーション教育を開催しています。看護経験を積み重ねるとともに部署で果たす役割や責任も変化し、学びも変わってきています。「たちばなSIM」研修は、参加された卒業生にとって知識や技術の基本を確認し、各自の看護経験を見つめ直す機会となっています。また、先輩や後輩の姿から学んだり、情報交換したり、教員に相談したりする場にもなっています。






京都マラソン





調印式


災害看護

▲ページトップヘ

  • 大学・大学院展

キャンパス所在地

〒607-8175
京都府京都市山科区大宅山田町34

問い合わせ先

入学課
TEL:075-574-4116